My Workout

筋力トレをカンタン記録・分析できるiPhoneアプリ「My Workout」の開発と、筋トレ・ワークアウトに関するブログです。

なぜ筋トレアプリを作ったのか? それは「自分が欲しいアプリが無かったから」。

なぜ筋トレアプリ「My Workout」をわざわざ自分で作ったのか。

それはズバリ。

「自分が欲しいアプリが無かったから」

です。

 

とにかく簡単に記録したい

思ったように成果が出ない時、なぜだろう?と考えても、そもそも自分がどれだけやったか曖昧な記憶しかありません

なんとなく「やってる」だけ? それを知るには記録するしかありません。

記録して客観的にデータとしてみれば、「実は大してやっていなかった」「やり方が間違っていた」など分かるはずです。

もしくは「きちんとやっていた」ことがわかれば、他(フォーム、食事、休養)に原因があるとはっきりします。

でも記録するのは面倒です。

ジムでノートにメモを取っている人を見ると心底尊敬します。

ノートを取るほどの甲斐性は私にはありません。

役に立つ便利なアプリはないものか探してみましたが、まさにこれ!というアプリは見つかりませんでした。

アプリで記録するにしても、記録に必要な操作は1タップでも少ない方が良いです。

何しろ「記録」したくて新トレしているのではありません。

さらに疲れた時や気分が乗らない時など、ジムはとかく足が遠のきがちです。そこに記録という追加作業が増えたらなおさらです。

 ジムでの「やる気」削がず、「流れ」を邪魔せず、「気がついたら記録されてた」というアプリが理想です。

f:id:stage7:20200808091505j:plain

 

その日のメニューを示して欲しい

多くのトレーニーはある程度決まったメニューを順繰りに行っているのではないでしょうか?

ジムのトレーナーが作ってくれたり、自分で試行錯誤しながら固まっていたり、

「この前はこれをやったから、今日はこれをしよう」

頭で覚えてしまう人もいれば、しっかりノートにメモしている人もいるでしょう。

もし専属のトレーナーがいたら「今日はこのメニューだよ」と計画に沿って指示してれるはず。

専属トレーナーは無理でも、代わりにスマホアプリがメニューを示してくれたら、記録の操作も「次のセット」「次のメニュー」へと単純に駒を進めるだけです。

「あれ、次はなんだっけ?」「これ、前は何時やった?」と流れが止まることもなく、やるべきメニューに集中できます

f:id:stage7:20200808091525j:plain

 

ヘルスケアに記録したい

私はApple Watchを日常的に使っています。

有酸素系のワークアウトの記録ならば、Apple純正アプリのワークアウトで十二分に足りています。

走ったり歩いたりすればその量に応じて(運動量を示す)リングがグングン進んで、「頑張った感」を与えてくれます。さらには様々な目標をクリアするとメダルを獲得できます。

いわゆる「ご褒美」ですね。

リングもメダルも単なるUIのグラフィックでしょ?

と思われそうですが、これが意外と継続する動機になるのです。

しかし、筋力トレーニングは記録してくれません

(正確にはApple純正のワークアウトアプリでも記録はできるのですが、筋トレの開始から終了までの時間を一定の速度で走り続けたとみなして記録するという、かなりザルな仕様です。)

もし、ウェイトを上げ下げする反復動作をデバイスで正確に検知できるようになれば、手放しで正確に筋力トレーニングを記録できるようになるかもしれません。

しかしそれが実現するまでは、細かなメニュー内容を記録できるアプリを別途使う必要があります。

筋トレの間、同時に2つのアプリを使うなどとてもできません

もし、筋トレアプリがメニュー内容と同時にヘルスケアに記録もしてくれたら、煩わしい操作なしに「ご褒美」が得られて(ささやかですが)筋トレに「やる気」が出ます。

f:id:stage7:20200808091540j:plain

 

 

ということで、無いなら自分で作ろう、と言うのが最大の動機です。

上にあげたのは特別な要求では無いと思います。

他にもそこそこ同じような要望を持った人がいるはず。

ならばApp Store  で配信しよう、ということで正式にリリースしました。

My Workout - 筋トレのカンタン記録・分析アプリ

My Workout - 筋トレのカンタン記録・分析アプリ

  • Shinya Taguchi
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

 

ぜひお試しください。